BFDI Wiki JP
Advertisement

ブロッキーのいたずらの会 (英: Blocky's Funny Doings International、略: BFDI) とは、Blockyが他の人に対して悪戯するミニシリーズ、又はそれを運営する国際会社である。2023年末の時点で計10回披露されでいる[note 1]

なお、The Game Has Changed にてBlockyが脱落したため、及びゴイキー法律上の問題により、BFDIはWoodyへ経営譲渡された。

いたずらの一覧[]

放送順に並ぶ。

  • Bubble 復活センターに穴を開け、押しピンを投入。復活する度にBubbleを割り続ける。
  • Ice Cube 復活センター1号機を崖の近くに立つ木の上に、バネと一緒に付ける。Ice Cubeが復活する度、彼女の重さにより箱ごと傾き、谷間に落下して地面で割れる。
  • Firey 復活センターを池の上に固定。Fireyを蒸発させ続ける。
  • Spongyが跳ねるトランポリンの横にAnnouncer 復活センターを高台の上に置く。復活する度に潰される。
  • ダンボール製の宇宙船をチームに使わせ、太陽に近づくことにより燃えさせる。
  • Who Stole Donut’s Diaryでの裁判にて…
    • 嘘の話を語ることで無駄に時間をかける
    • 自身をRCと見せかけ、さらに余計な時間をかける
  • FourRubyを復活させるように言うが、復活した際にRubyはすぐ隣に設置されている粉砕機にかけられる。これを繰り返し、金持ちになろうと物欲しがりに…

Woody's Funny Doings International[]

ウッディーのいたずらの会 (英: Woody's Funny Doings International)とは、BlockyではなくWoodyがいたずらを仕掛けるミニシリーズである。全て The Game Has Changed にて披露された。Woodyが26話にて脱落したあと、どうなったかは不明。

いたずらの一覧[]

  • Flowerが販売する衣装をまとめて購入し、崖へと落とす。そのまま放棄するかと思われたが、Woodyがあとで戻した。
  • FourではなくPurple Faceのパーティをひらく。崖から戻した服は紫顔用に預けられた。
  • FireyがLeafyのために造った観覧車の中央にある固定具をほどく。回転する部分が本体から外れ、FireyとLeafyを乗せたまま坂を駆け降りた。しまいにはふもとに置かれた初代Announcer圧縮機に潰された。

トリビア[]

  • ブロッキーのいたずらの会の略称 BFDIシリーズ全般の略称でもある。
  • いたずらは基本番外編として扱われているが、ICRCと裁判での2件についてはエピソード本編の一部である。
    • このうちIce Cubeに対するいたずらは期間が最も長かったもので、Cycle of Lifeから Insectophobe's Nightmareの序盤まで続いた。
    • また、最も多くのキャラを巻き込んだのもこの件で、PencilMatchが上の復活箱から落ちるICと衝突し落下した。
  • BFBでのBlockyの投票アイコンはBFDI 17でのしぐさと背景と同じものである。
  • Getting Teardrop to Talkにてチームを決める際、Grassyが「面白いことをたくさんする」と発言したことからBlockyが合流。この発言はもちろんいたずらの会に関系している。
  • BFBにてイタズラがあまりできなかったのは、復活センターが無くなったからと言う。
  • 公式ガイド本にはいたずらの会が「実は国際会社でない」ことが書かれている。
  • YouTube上にBlocky's Funny Doings Internationalと言う名の非公式チャンネルがある。

脚注[]

  1. 総集編を除き一部はTikTok限定。詳細は英語版記事を参照
Advertisement