BFDI Wiki JP
Advertisement

Laser Powered Teleportation Devices(音写:レーザーパワードテレポーテーションデバイシズ)とは、BFDI中盤以降にCake at Stakeで敗者をTLC送りにするために用いられる道具である。

概要[]

見た目は一見レーザービームライトのように見え、そこから紫色のレーザービームが出される。レーザービームに当たると、当たった人や物はTLCの中に瞬間移動される。この性質より、草むらや太陽、更にはTLCそのものまでもが「脱落」してTLC内部にテレポートされた(しかし最後のTLCだけはそこにいた敗者達を入れるように、もとの場所に戻った)。

これまでの登場[]

この道具は最初は一本だけで使用されていたが、後に二本、四本で同時に使用されるようになった。

一本だけで使用されていた頃[]

最初の登場は第14話で、Matchに対して使用されたのが最初だった。以降、第19話Pencilに対して使用されるまでずっと使用され続けた。

この後、最後に、再び、第24話Flowerに対して使用されるのだが、Flowerが鏡でレーザービームを反射させて抵抗し続けたが、最終的にはビームが地球を一周してレーザービームがFlowerに当たってしまった。

二本で使用されていた頃[]

Announcer曰く、その名も"Double Laser Powered Teleportation Device"という。使用されたのは一回だけで、第20話Davidに対して使用された。

四本で使用されていた頃[]

Announcer曰く、その名も"Quadruple Laser Powered Teleportation Device"。初登場は第21話で、Ice Cubeを始め敗者復活投票結果発表でFlowerNeedleを除くその当時の全敗者に使われた。最後に使用されたのは第23話で、Spongyに対して使われた。

それ以降の登場は未だ無い。

関連項目[]

Advertisement