BFDI Wiki JP
Advertisement
Episode Gallery Transcript 機械翻訳

"Take the Plunge: パート1 "は、BFDI史上初となるエピソードの第1部である。2010年1月1日に公開された。 20体のオブジェクトがアナウンサーから、豪華な施設、カジノ、ロボット使用人、5つ星ホテル、6つのレストランを含む、1平方マイル(約3.5平方キロメートル)の楽園の島、ドリーム・アイランドを獲得できると告げられる。その島には豪華な施設、カジノ、使用人ロボット、5つ星ホテル、6つのレストランがある。

ピンリーフィーは最初のコンテストで優勝したが、今後のチャレンジのチームを選ばなければならないと告げられ、夢の島をめぐる公式戦が始まった。

登場人物[]

  • アナウンサー(デビュー)
  • ブロッキー(デビュー)
  • バブル(デビュー)
  • 虫(言及)
  • コイニー(デビュー)
  • イレイサー(デビュー)
  • ファイアリー (デビュー)
  • フラワー(デビュー)
  • ゴルフボール(デビュー)
  • アイスキューブ(デビュー)
  • リーフィー(デビュー)
  • マッチ(デビュー)
  • 針(デビュー)
  • ペン(デビュー)
  • 鉛筆(デビュー)
  • ピン(デビュー)
  • ロッキー(デビュー)
  • スノーボール(デビュー)
  • スポンジ(デビュー)
  • ティアドロップ(デビュー)
  • テニスボール(デビュー)
  • ウッディ(デビュー)

あらすじ[]

コールド・オープン[]

最初のシーンでは、ペンシルとマッチが、フラワーが虫を怖がっていることについて話している。その後、マッチはフラワーがいかに自分のことを素敵だと思っているかを語る。その後、フラッシュバックが流れ、フラワーがアイス・キューブに自分のことを美人かどうか尋ねるシーンが映し出される。しかし、フラワーはアイス・キューブの「ノー」という返事を聞いて、アイス・キューブを蹴り飛ばした。このことがアイス・キューブの注意を引き、彼女は会話に加わることにする。アイス・キューブは、彼女に蹴られたフラワーに復讐するつもりだと言う。そして、ペンシルとマッチが友達でよかったと言う。アイス・キューブはバブルにハグをしようとした。ペンシルとマッチは彼女にやめるよう注意しようとしたが、アイスキューブはその過程で誤ってバブルを弾く。バブルはバブル回復センターに回収されるが、ピンに弾き飛ばされそうになる。

バブルは彼女を弾き飛ばそうとして怒った。しかし、彼女はバブルに、ブロッキーが彼女を抱きしめていると言った。彼女は彼を蹴ることによって自由になった後、彼はバブルにニードルを投げる。バブルは攻撃をかわし、迷惑そうに、なぜ彼はそれをやったのか彼に尋ねる。ブロッキーは、誰かを傷つけたい "気分 "だったと言う。ブロッキーはこの後、ティアドロップの上に倒れそうになったウッディを蹴る。リーフィは彼を地面から拾い上げ、人生を楽しむように言う。そしてウッディは、恋に落ちたティアドロップを見やり、抱きしめようとする。しかし、彼女はイライラして彼を空中に蹴り飛ばした。

テニスボールはティアドロップに、ウッディはバルサなので簡単に壊れるから落ち着くように言う。ウッディが空中にいる間、ハンドグライダーに乗っていたスノーボールは、彼が「飛んでいる」ことに気づく。ウッディはロッキーの上に落下し、その過程で自分自身にぶつかり、欠けてしまう。ウッディは恐怖で悲鳴を上げ、消しゴムはペンにウッディの臆病さと彼がいかにクールでなかったかについてコメントする。消しゴムはペンはクールだと言い、ペンは消しゴムもクールだと言い、ハイタッチを交わす。ハンドグライダーに乗ったままのスノーボールは、誤って山頂にぶつかり、ハンドグライダーを握れなくなる。降りる途中、ロッキーを見つける。スノーボールは彼を心配し、ロッキーが彼を迎えるためだけに、彼を起こす。ロッキーの無知にうんざりして、彼はロッキーが突然ロッキーにしかめ面テニスボールを、ヒットすることを引き起こして、彼を投げ飛ばす。ロッキーは彼の "古き良き友人"と呼んで、テニスボールによろしくと言う。

一方、コイニーとファイアリーは、水が漏れているスポンジーの上で喧嘩をする。ゴルフボールは2人に喧嘩をやめるように言い、スポンジは臭いから風呂に入るように言い、彼は謝る。消しゴムとBlockyはゴルフボールのbossinessを議論し、消しゴムは彼女を"bossy-bot"と呼んでいます。ブロッキー、スノーボール、ペンは彼を見つめ始める。消しゴムはその後、強気なロボットを呼び出すが、彼らはまだ彼を見つめている。イレイザーはついに彼女を「ボス型ロボット」と呼ぶ。消しゴムは、ゴルフボール、フラワー、ウッディ、スポンジから逃げるためなら何でもすると言う。

するとアナウンサーが空から降ってきて、イレイザーに運が向いてきたことを告げ、イレイザーの興味をそそる。アナウンサーはイレイザーに夢の島のことを話す。イレイザーは無料で手に入るから欲しいと言うが、アナウンサーは他のみんなも欲しがっていると言う。しかしアナウンサーは、みんなも欲しがっていると言う。しかし、イレイザーは誰にも渡したくないが、他の人たちも同様に渡したくない。

コンテスト[]

全員が水上に立つ木の天秤梁に乗せられ、アナウンサーが「梁の上に長くとどまった人が勝ちです」と告げる。リーフィーとピンはお互いに助け合うことを約束する。BlockyはCoinyが気づき、目を覚ますように彼に言って、彼が何をしているのだろうか、ポーズでじっと座っている。スポンジが足を滑らせて先に転倒。フラワーは「自分のスペースが必要」と怒り、ウッディ、消しゴム、テニスボール、ファイアリー、ゴルフボール、ニードル、リーフィーを積極的にバランスビームから突き落とす。リーフィーはピンの助けを求めて叫び、ピンは水に到達する直前に彼女をつかみ、リーフィーを引き上げる。

バブルは、シリーズ全体を通して続く鉛筆とマッチとの同盟を形成することを決定した。アイス・キューブは、彼らとの友情を確かなものにしようと躍起になり、自分も仲間に入れてもらえないかと頼む。バブルはペンシルとマッチと同盟を組むことを決意し、アイスキューブもペンシルとマッチと同盟を組むことを決意する。水に沈む前に、ペンシルはアイスキューブの要求を拒否する。

コイニーは、ブロッキーがまだ動いていないことに気づいた、再び目を覚ますように指示します。彼は誤って彼が橋から落ちることを引き起こして、Blockyを振るが、Blockyはビームの周りにスイングし、コイニーが落ちるようになります。ブロッキーは再び彼を揺さぶらないように彼に言い始めるが、唯一のコイニーはすでに最後の分を落ちた実現しています。

まだ6人がビームに残っている中、リーフィーとピンはフラワーを突き落とそうとし、ブロッキーはそれを恐る恐る見守る。しかし、フラワーは間一髪で2人に気づき、空中に蹴り上げる。リーフィーとピンは "飛ぶ "ことに気を取られ、ティアドロップに衝突して落下してしまう。リーフィーはブリッジとピンの足をつかみ、ティアドロップも同様につかむ。リーフィーは橋の上に彼女のグリップを失い、助けを求めてブロッキーとロッキーを呼び出そうとしている。幸運にも、ブロッキーは彼女の足を踏むために、来る。彼は自分の間違いに気づき、リーフィーの腕を引っ張る。Blockyはほとんど落ちるが、他の人を引き上げるために苦労して、彼の足で橋の上にハングアップします。

リーフィーはティアドロップに、ブロッキーが簡単に引き上げることができるように、体重を節約するために彼女のもう一方の腕に手を伸ばすように指示します。フラワーが来て、彼女のノンスリップシューズソハを披露するが、ブロッキーは橋から彼女を蹴るために彼の足のいずれかを使用します。フラワーは間一髪でピンに掴まるが、ピンはフラワーを舐めて応戦する。フラワーはピンに舐められて嫌になり、次第にピンを掴めなくなり、ついには水の中に落ちてしまう。リーフィはフラワーを落としたのはよくやったと言い、ピンとティアドロップは橋の上に戻る。リーフィはピンが同盟を結んでいることを思い出し、彼女はリーフィが橋の上に戻るのを手伝った。ブロッキーは、リーフィーが自分を踏んでいると言うが、ブロッキーが誤ってコイニーを突き落としたように、リーフィーも土壇場でそれに気づき、ブロッキーは橋から落ちる。その後、ティアドロップがロッキーを突き落とそうとするが、滑ってロッキーと一緒に落下。

LeafyとPinが最後の2人なので、彼らはジャンケンタイブレーカーを行う。ピンのジャンケンがリーフィーのジャンケンに勝ったので、ピンはリーフィーを突き飛ばすが、リーフィーはそんなの同意してないと言う。ピンはリーフィーが勝ったら島に入れてあげると安心させるが、リーフィーは不公平だと思う。しかし、アナウンサーが2人の前に現れ、2人とも勝ったが、それはピンが期待したような島ではなく、島を勝ち取るための長い競争のために、将来のチームのメンバーを選ぶつもりだったと言う。ピンは退屈そうだが、リーフィは悪くないと言う。

Advertisement